飛鳥汁

古くから飛鳥地方に伝わる鍋料理。鶏肉と野菜を煮込んで牛乳とみそで仕上げた、シチューのような味わいです。

つくりかた
1人分出来上がり重量目安:約175g(2人分調理時)

  1. 白菜は1cm幅のざく切りにし、玉ねぎは5mmの幅のスライス、にんじんは2~3cm長さの短冊切りにする。ごぼうはささがきにして水にさらし、アク抜きする。えのきたけは3cmの長さ、長ねぎは小口切りにする。
  2. 豆腐は1.5cmの角切りにする。
  3. 鶏肉はひとくち大の薄いそぎ切りにする。
  4. 鍋に分量の水を入れて火にかけ、沸騰したら3.と素材力鶏だしを加える。
  5. 4.の鍋に、1.のにんじん、ごぼう、玉ねぎを順に入れる。さらに2.を加えて、残りの長ねぎ、白菜、えのきたけを順に加える。
  6. 具材に火が通ったら、スープの一部でみそを溶いて入れ、牛乳を加えてひと煮立ちさせる。
飛鳥汁

ひと口メモ
遡ること1300年前の飛鳥時代。現在の中国から日本にやってきた帰化人が牛乳を献上し、誕生した料理であると伝えられています。

材料(1人分) 分量(g) 参考価格(円)
白菜 15 2.8
玉ねぎ 10 1.3
にんじん 8 1.4
ごぼう 5 1.2
えのきたけ 5 2.7
長ねぎ 5 2.3
豆腐(木綿) 10 3.3
鶏むね肉 15 8.7
50 -
素材力鶏だし 1 3.0
みそ 5 -
牛乳 30 5.5
合計 :32.2円
エネルギー(Kcal) 71
たんぱく質(g) 6.1
脂質(g) 2.0
炭水化物(g) 7.1
カルシウム(mg) 65
鉄分(mg) 0.4
レチノール当量(μg) 60
V.B1(mg) 0.03
V.B2(mg) 0.06
V.C(mg) 1
食物繊維(g) 1.4
食塩相当量(g) 0.6

(1人分当たり)

このレシピで使用した理研ビタミンの商品

ページの上へ